夏の日差しが暑い!そんなあなたに簾やシェード

スポンサードリンク

クロセの記事を読むのが初めての方は、まずこちらの記事をお読みください。

 

ピークは過ぎましたがまだまだ暑い日が続いていますね。

ただでさえ暑いのに窓から日射が入り込んで暑い!

なんで窓をつけちゃったんだろう( ;∀;)

そんな経験ありませんか?

冬は暖房を助けてくれる日射ですが、夏は冷房の妨げになってしまいます。

ちょっと季節的に遅くなりましたが、今回はそんな夏に入り込む日射を和らげる方法をご紹介します。

コストもそんなにかからないので、ぜひ実践してみてください。

簾・シェードを使った日射遮蔽

日射を防ぐために有効な手段として窓の外に簾やシェードを張るという方法があります。


引き違い窓であれば、簾も取付用の器具も100均で買えます。
器具は以下のようなやつです。


取り付け時には窓と簾の隙間を少し空けたほうが、風の通り道ができて簾の熱を逃がせます。
結果、窓から入る熱も減ります。

縦すべり窓は上記のような簡単に取り付ける金具が市販されていないので取り付けが難しいです。
私は下図のように簾に紐を結んで窓に挟んでいます。

画像

これだと窓と簾に隙間ができないので少し効果は落ちますが、取り付けは容易です。
ちゃんと設置したいなら自力器具を作ったり、事前に住宅会社と相談して方法がないか聞いておきましょう。

ちなみに日射は少し上から入るため、下図のように簾を窓の少し上に来るように設置したほうがしっかり遮蔽できます。



また、南からの日射は屋根が防げていても、東西からの日差しは防げていない人は結構いるかと思いますので、特に日差しがきつい西日が入る窓には簾やシェードによる遮蔽が有効です。

カーテンはダメなのか?

カーテンでも日射を防げますが窓の内側に日射が入るため、簾やシェードに比べると日射の影響を受けてしまいます。



カーテンをしないよりはましですが、理想的には簾やシェードで日射を入れないことですね。

面倒に感じる人もいるかもしれませんが、夏の間はつけっぱなしでいいので手間はほとんどありません。

台風レベルの風が来るなら回収したほうがいいかもしれませんが。(;´∀`)

終わりに

少し時期からは外れてしまいましたが、簾やシェードを使った日射遮蔽のお話でした。

9月ぐらいならまだ使えると思うので許してください。(;´∀`)

実は簾やシェード以外にも、窓の外につけるブラインドもあったりします。

見た目的にかっこいいし、ずっと外に出しておけるので扱いが楽ですがコストが…

こだわりがなければ安くて手に入りやすい簾・シェードで充分です。

というわけで、日射で部屋が暑いという人はぜひ試してみてください。

では。

 

質問がある方は、下のコメント欄やプロフィールにあるツイッターなどからいつでもお問い合わせください!

また、アイ工務店に関する情報を知りたい場合は、プロフィール欄にあるブログのほうに多数情報を記載しております!


記事に出てきたハウスメーカーの掲示板

アイ工務店

ABOUTこの記事をかいた人

2020年2月からアイ工務店と一緒に建てたマイホームに居住中。 家の中が寒いのがいやだというところから家づくりを開始した結果、高断熱高気密という言葉に出会う。 以降、いろいろ調べているうちに高断熱高気密の沼にはまり、使者を自称するようになる。

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。