ヘーベルハウスの家を建てる手順~住設施工編

スポンサードリンク

ヘーベルハウスの実際の施工について、今回は住設施工編となります。
なお、筆者が建てた2020年時点(1911仕様)時点のお話なので、細かい点で最新のヘーベルハウスと差異があるであろう点はご容赦ください。

前回までは…


 


 

ユニットバス

前回までの木工事と並行して、ユニットバスの取り付けが行われます。


部材はこの様に搬入され、ユニットバスメーカーの外注工事担当者が組み立てに来ます。

 

床作成

まず最初にユニットバスの床を組み立てます。
床パーツと床ヘーベルの間には配管用のスペースが空いており、軽量鉄骨の小さな梁で支えられます。


湯船を支える軽量鉄骨を組み上げているところです。


湯船の縦カバーを取り付けたらいよいよ湯船を組み立てます。


 

浴槽設置

浴槽は以外に一人で持ち上げられる重さで、ヨイショと運んで設置します。


浴槽を設置したら、給水管を取り付けます。


浴槽下には排水管も取り付けます。


 

浴室の壁作成

浴槽設置が終わったら、浴室の内壁を組み上げていきます。
軽量鉄骨の骨組みをまずは組み立てます。



骨組みができたら、今度は内壁を組み立てます。
内壁には水栓用の穴を空けて配管も通しておきます。


内壁と天井を組み立て、浴室ドアの枠も取り付けます。


ただ組み上げただけだと隙間から水漏れするので、二種類(シリコン系とゴム系)のコーキング剤を場所によって使い分けてコーキングしていきます。


最後に浴室前の床下点検口から、排水チェックを行います。
なお、この床下点検口と浴室の間にはロックウール断熱材が敷き詰められています。
後の工程で、浴室内壁と室内壁の間にもロックウールが敷き詰められ、ユニットバスはロックウール断熱材に包まれます。


 

キッチン

キッチンは木工事完了後に組み立てられます。
まずは材料搬入です。キッチンはメーカーによりますがある程度のユニットで届くので、届いた時点で結構なサイズです。


 

上吊棚設置

まずは、上吊棚から設置していきます。


以前、上吊棚が落ちてきたことがあったそうで、最近ではメーカー純正の留具プラス、補強のネジで留めます。


規格品なので比較的すぐに取り付けは完了します。
換気扇ユニットも取り付けます。


 

キッチン本体

いよいよキッチン本体の設置です。
まずは、排水管や上水管の準備です。


接地面の準備をしたら、キッチンユニットを順番に配置していきます。



ユニットを設置したら、ワークトップとシンクを設置します。
これも意外と一人で持ち上げられるんですね(セラミックワークトップだとこうはいかないです)。


各種扉や食洗機を取り付けて組み立ては完了です。
電気配線や水道やガスの配線は専門の業者が来て実施します。


 

次回は、最後の仕上げとなる壁紙工事と細かい電気工事及び、外構工事です。


記事に出てきたハウスメーカーの掲示板

ヘーベルハウス

ABOUTこの記事をかいた人

2020年にヘーベルハウス(FREX AXiii)で家を建てたヘーベリアンです。 当時の仕様のヘーベルハウスでの家造りの流れ、建築の流れや、住宅ローンについての記事を投稿していました。 2022年7月をもって、コダテルブロガーを退任したため、既存の記事以降は更新予定はありません。

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。