【騒音の実際】超高気密の一条工務店でも外の音が聞こえる4つの理由


一条工務店は外からの音がほとんど聞こえません
しかし実際は違うのです
今回はなぜ外の音が聞こえてくるのか説明していきます




今回から吹き出しで登場!
やっと吹き出しの使い方がわかりました




しゃべれなかったのはつらかったね
ソラ美もがんばります







高性能の一条工務店でも外の音が聞こえる4つの理由




え?一条工務店なのに外の音が聞こえるの?
展示場では聞こえなかったよ?




残念ながら一条工務店でも騒音被害に合う可能性があるよ




  • グランセゾンで建てた
  • レンジフードを標準にしている
  • 差圧感応式吸気口の位置が悪い
  • 水回りの換気栓の位置が悪い



それぞれ説明していきます




グランセゾンは壁が薄い




一条工務店といえばアイスマート




一条工務店は分厚い高性能な断熱材により外からの音を遮断できます




窓も性能が高く普通の窓よりも防音効果が高い




一条工務店の窓の性能はこちらの記事で紹介しています




アイスマートはダブル断熱がありグランセゾンより壁が厚いです




高性能な分厚い壁で外からの音を遮断しているのね




でもグランセゾンはダブル断熱じゃないから、少し壁が薄いんだ




一条工務店の断熱材はこちらで紹介しています




私はグランセゾンに住んでいます




実際の体感としては目の前の学校でチャイムが鳴れば少し聞こえるぐらい




それでもテレビの音よりは小さい




じゃあそんなに気にならないね
グランセゾンでも大丈夫




そうだね、でも大事なのは次からだよ
次からは実際にちょっとストレスになるぐらいの音が聞こえるものを説明するよ




レンジフードを標準にしてしまった




レンジフード自体で防音性能は変わりません




関係するのはレンジフードの換気扇です




レンジフードの換気扇は直接外とつながっています




つまり音や虫が浸入してきます




音もそうだけど虫も嫌だね
何か対策はないの?




一条工務店の室内循環レンジフードと電動シャッターで対策が可能なんだ




オプションですが二つの対策があります




  • 外に換気扇を作らない室内循環レンジフード
  • 換気扇の気密性を高め、開いている時間を少なくする電動シャッター



高額だが最も効果の高い室内循環レンジフード




室内循環レンジフードは隠れオプションになっており、一条工務店側から紹介されることはほとんどありません




室内循環レンジフードはこちらの記事で紹介しています




室内循環レンジフードは高額なオプションです




安く済ませるなら虫対策もできる電動シャッターがおすすめ




標準のレンジフードだと使っていない時も換気扇が開く仕様になっていますが、電動シャッターだと使用時など最低限の開閉ですみます




レンジフードの電動シャッター




電動シャッターの詳細はこちらの記事で紹介しています




差圧感応式吸気口の位置が悪い




差圧感応式吸気口は通常であれば冷蔵庫の上につくことが多いです
これはレンジフードの換気扇が作動したときに室内の気圧が変わるため、その気圧変化を調整するために設置されます




この吸気口も外とつながっているため音が入ってきます
大通りや人のよく通る側の外壁に設置していると大きな音が聞こえてきます




お風呂やトイレの換気扇も外とつながっている




差圧感応式吸気口やレンジフードの換気扇と同じで、お風呂やトイレの換気扇も外とつながっています




もちろん外からの音がこの換気扇からも入ってきます




とくにお風呂の換気扇は蓋がついていて、風が強いとその蓋が揺れる
人によってはその蓋が壁に当たる音が気になるかもしれないね




風の強い方向に換気扇を作るのは注意した方がいいのね
私はシシオドシのような音で気にならないけど




ししおどし




こんな風流な音ならいいんだけどね




まとめ




グランセゾンは壁がアイスマートよりも薄いので、若干防音性能が劣ります
しかし生活している中で気になるほどの音は聞こえません




実際に一番気になるのは換気扇から入ってくる音です
換気扇や差圧感応式吸気口の位置は気にして設置しましょう




もし予算に余裕があれば電動シャッターや室内循環式レンジフードも考慮してください


記事に出てきたハウスメーカーの掲示板

一条工務店

ABOUTこの記事をかいた人

2階建てでも1階を平屋として使える間取り/20帖を走り回る子ども/老後に使える1階主寝室と和室/玄関からキッチンへ続く土間収納 一条工務店に住んだ感想や家づくりを中心に配信していきます。

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。